前述のように、フリーランスで働くということはある意味では契約などからかなり大きく解放されますので、対人関係などによる無駄な悩みの多くがなくなるでしょうし、成果に応じてフェアな報酬を手に入れることができます。

常に一回一回が真剣勝負となることも否めない

雇用契約を元に不当に働かされることがなくなる、というのが一番のメリットだと言えます。

それと同時に、雇用契約によって手に入れていた保証というものを手放すことになります。

それは医師国保への加入であったり、いわゆる福利厚生というもの。

また、フリーとなれば自身で確定申告を行う必要も出てきます。

また、一度失敗してしまえばその医療機関との再契約が難しくなる場合もありますので、常に一回一回が真剣勝負となることも否めません。


フリーランスで働く医師の影響

さて、話は変わりますが、手術自体の技術が革新されてきたこともあり、昔と比べると圧倒的井麻酔科医が不足してきています。

今現在フリーで働く麻酔科医の数も多くなってきており、単発契約で時給1万円ということも珍しくありません。

仮に10時間なら一回10万円ということになります。

月間10日勤務で1200万円の年収になりますね。

こういった単発の仕事もフリーの医師が増加するにつれ、どんどん増えてきているようです。

フリーランスで働く医師の影響が、現在の状況に対しても効果を及ぼしていることが分かります。